単身赴任中、妻の目が届かない期間に、エッチな女の子と知り合って思いっきり楽しむ妄想を膨らませました。
確かに利用している女の子たちがとてもたくさん居ますな
これならテレフォンセックス目当ての女の知り合えるチャンスがありそうです。
出会いまでには時間がかかることも言われていましたから、落ち着いた気持ちで長期間使って募集をしてみることにしました。
幸い一日1回は掲示板の投稿は無料のようでした。
無駄なポイントを使う必要もないので、この方法で募集を続けていくことにしました。

 

 オナ電希望の女の子からメールが送られてきました。
さすがにこの瞬間は喜びを感じます。
相手の女の子は23歳の社会人1年目のAちゃんでした。
随分と若い女の子からの連絡に、胸は弾みまくります。
年上の人にエッチな指示をしてもらうと興奮できるという内容でした。
その日はムラムラ気分のようで、僅か数通のやりとりでLINE通話になっていきました。
見知らぬ若い女の子の声だけでも気分は弾みます。
しかもエロい気分だから、エッチな発言もすぐに大丈夫でした。
「パンツまで濡れてしまっているんじゃないの?」
「何でわかるんですか…恥ずかしいです」
こういった初々しい反応は何よりも男が好む部分です。
そこからはオナ指示を出していきました。
可愛らしい声を出し感じてくれるAちゃん。
心臓バクバクさせ股間を思いっきり硬くさせ、彼女の声に集中しました。
その日とてもキュートな絶頂の声を聞かせてもらえました。
「すごく感じちゃって…」

「たくさん感じてくれて良かったよ。また君の声を聞きたい」
「はい…あの、とってもよくて…私もまた…」
彼女もその気だったようです。
「また時間のある時連絡くれる?」
こうして通話を終了させられました。
ずっと年下の若い女の子を、指示し感じさせることができた満足感はとても大きいものでした。